多様化するバレンタインチョコとは

もうすぐ2月、バレンタインが近づいてきて胸を躍らせている方の多いのではないでしょうか。この記事では、恋人、同僚、友達、夫やパートナー、子ども、父親などたくさんの人に渡すことが想定されるバレンタインチョコの種類についてご紹介していきます。かつては愛の告白として贈ることが定番でしたが、時代は流れプレゼントする相手や感情によってその意味合いが幅広くなっています。バレンタインデーに、女性から男性へ愛を伝えるために贈るのが「本命チョコ」です。

彼氏や夫、片思いの相手に渡す定番のバレンタインチョコとして知られています。男性から女性に愛の告白として贈るチョコは「逆チョコ」と呼ばれており、定番の逆パターンにあたるため贈る相手は彼女や妻、思いを寄せる女性などです。女性が意中の男性以外に贈るチョコは「義理チョコ」と言います。友人や上司・同僚など日常的に付き合いのある方に贈るチョコになります。

このほかにも女性の友人同士が贈り合うチョコは「友チョコ」と呼ばれ、男性向けよりもおしゃれなものや流行を取り入れた小さいサイズのチョコを贈り合うのが人気です。バレンタインデーに自分のために用意するチョコレートを「自分チョコ」と言い、自分へのご褒美として気に入ったチョコレートを選んで食べることができます。スイーツ男子が増えた今は男性が自分に贈るものもあります。父親や祖父などにプレゼントしたり、おうち時間に家族で一緒に食べたりして楽しむのが「ファミチョコ」・「家族チョコ」です。

お世話になった人にお礼の意味を込めて贈るチョコレートのことを「世話チョコ」と言い、義理チョコよりも感謝の気持ちを込めているのでこのように呼びます。時代に合った様々なバレンタインチョコを贈り合ってぜひ楽しんでみて下さい。バレンタインチョコのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です